東洋学園大学英語教育開発センターのホームページです

Program

 Here you can find information about the lounge time schedule!
 
Lounge Time Table2018Fall.jpg                                       

詳細を見るには、画像をクリック



東洋学園大学では入学した全ての学生に、英語を運用する力を身につけて欲しいと思っています。それは、中学校・高等学校で学んだ英語の基礎知識と技能を、実際に使えるものにしていくことを意味します。文法事項を頭で理解しただけでは英語は使えるようになりません。また、単語をいくら頭に詰め込んでも、何度も繰り返し使わなくては、言葉は身に付きません。英語学習の1つの要点は、意識して繰り返すことにあります。

1年次に集中して「基礎英語」を学ぶのは、学生のみなさんが何度も英語に出会う機会を持ち、英語への抵抗感を少なくし、英語の感覚を高めてゆく目的があります。世界各国との協調の中で生きることが必須の現代社会において、「英語を使う力」を持つことは、学生のみなさんにとって大きな助けになるはずです。2年次以降により進んだ英語学習へとステップアップする基盤を身に付けるために、東洋学園大学では1年次に「聞く」「話す」「読む」「書く」という四技能を「基礎英語」4科目で総合的に学びます。担当する教員同士は連絡し合い、歩調を合わせながら授業を進めていきます。

「基礎英語1」は基本的な英語文法を軸にして、文字によるコミュニケーションを図るために必要な「英語を書く力」を身につけることを目的としています。これまでに学んできた基礎的な文法を十分理解できているかどうか確認することから始め、簡単な文章を用いて身近な事柄を的確に表現することの出来るレベルから、比較的複雑な構文、表現を用いて自己の考え、意見を論理的に述べることが出来るレベルまで、4段階の習熟度別クラスに分けて授業を行います。
クラス分けは入学時に受けたプレイスメント・テストに基づいて行なわれます。授業では習熟度に見合った教科書を用いますので、自分の弱いところを克服し、これまで曖昧だったところを復習し、興味のある部分を更に伸ばしていけるよう授業を活用して下さい。文法の知識、書く力は全ての英語運用能力の中枢部分です。1年次にその基礎固めをし、英語学習を継続・発展させていく土台を築いて下さい。  

 

「基礎英語2」は英語の文字情報を介してコミュニケーションを行うために「英語を読む力」を高めることを目的としています。日常の生活、専門領域の学習、また、ビジネスにおいて英語で書かれた文章の理解は英語で話されたことを聞き取ることに劣らず必要とされる能力です。この必要性は、インターネットを通じた情報伝達の普及にともなって更に強くなっています。このクラスでは書かれた英語をより的確に、よりスムースに理解するための基礎的技能のトレーニングを行ないます。
長い英語の文章を一気に理解できなくとも、知っている単語、事前情報、前後関係から内容を想像、推理する力を付けるレベルから、文の構造を理解し、文字情報を正確に理解できるレベルまで、4段階の習熟度別クラスに分けて授業を行います。

 

「基礎英語3」は英語の音声情報を理解するために「英語を聞く力」を高めることを目的とします。英語を聴いて、コミュニケーションをスムースに行うためには、英語の音の特徴を知り、自分でもある程度その音が出せるようになることが大切です。長く英語圏で育ったわけでない私たちにとって,英語の音声はとりつきにくい面もあるでしょう。しかし「習うより慣れろ」で数多くの実例に接することが英語修得への何よりの近道です。個々の音も語句や文章として一つながりになった音も、繰り返し接することと反復して練習することで違和感なく聞こえてくるようになります。東洋学園大学では、CALL教室などの施設を活用して英語を存分に聴き、発音の練習を行います。
この授業では自然なスピードの英語で学習します。全部のことばを判別できなくても、聞き取れた単語、前後関係、感情表現等を手がかりに、内容を想像、推理する力をつけるレベルから、正確に英語を聞き取れるレベルまで4段階の習熟度別クラスに分けて授業を行います。  

 

「基礎英語4A」は「話す力」を鍛え、直接英語でコミュニケーションが行えるようになることを目的としています。授業は全て英語で、native speakers of English(英語を母語とする教員)によって行われ、音声によるコミュニケーション実践の場です。文法的には多少の間違いがあっても「通じる!」というレベルから、自己の考えを正確に表現し相手と互角の対話が成り立つレベルまで、4段階の習熟度別クラスに分けて授業を行います。

ALPSとはAcademic Learning and Professional Skillsの略称で、1年次の成績優秀者から選抜されます。3年次に追加募集が行われ、4年次まで履修した学生には英語教育開発センターより「認定証」が授与されます。ALPSの目的は次の通りです。

学内の上位レベル学生を対象とし、アカデミックとビジネス面における4技能全般的な英語能力(知識と発想力)を向上させること。 現代社会におけるさまざまな話題・問題を扱った題材を、聞き取り意見を述べることができるようになること。

インターネットや本を使用し、またさまざまな量的・質的調査手法を用いて、多様な題材に関する基本的な調査を行うこと。

パワーポイントやポスターを駆使して、英語で調査結果や考察を伝えるためのプレゼンテーション能力を養うこと。 国際基準英語能力試験を受験し、好成績を収めるために必要な能力を向上させること。

ALPS履修者全員にTOEIC IPの受験義務を課し、上記の能力向上を証明可能なものにすること。

 

 

English Loungeの特徴は何ですか?

  • 「英語の世界」の雰囲気が味わえます
  • 毎日お昼休みにLounge Timeを開いています
  • Self-study Support で自習ができます
  • イベントやパーティーが開催されます
  • 快適なソファーやクッションでrelaxできます
  • 英語の本やボードゲームもたくさんあります

 


Lounge Timeとは何ですか?

Lounge Timeとは、ランチを食べながら、仲間や先生たちと気軽に英会話をする時間です。お昼休みに(12時15分~13時)毎日開催しています。英語でゲームしたり、雑誌や本を読んだりすることもできます。

 

                             

hongolounge.jpg

Hongo Lounge

東洋学園大学EEDC


開室時間
平日:9:00~17:00