東洋学園大学英語教育開発センターのホームページです

基礎英語の目的

東洋学園大学では入学した全ての学生に、英語を運用する力を身につけて欲しいと思っています。それは、中学校・高等学校で学んだ英語の基礎知識と技能を、実際に使えるものにしていくことを意味します。文法事項を頭で理解しただけでは英語は使えるようになりません。また、単語をいくら頭に詰め込んでも、何度も繰り返し使わなくては、言葉は身に付きません。英語学習の1つの要点は、意識して繰り返すことにあります。

1年次に集中して「基礎英語」を学ぶのは、学生のみなさんが何度も英語に出会う機会を持ち、英語への抵抗感を少なくし、英語の感覚を高めてゆく目的があります。世界各国との協調の中で生きることが必須の現代社会において、「英語を使う力」を持つことは、学生のみなさんにとって大きな助けになるはずです。2年次以降により進んだ英語学習へとステップアップする基盤を身に付けるために、東洋学園大学では1年次に「聞く」「話す」「読む」「書く」という四技能を「基礎英語」4科目で総合的に学びます。担当する教員同士は連絡し合い、歩調を合わせながら授業を進めていきます。

東洋学園大学EEDC


開室時間
平日:9:00~17:00